■写真の加工の指定

Google

 
写真などの周りをぼかす。アドビ・フォトショップでは、アクションのビネットで行えます。
写真の縁をぼかすので、アップの写真は不向きで、引きで撮ったボカす部分が多い写真を用意します。
ドロップシャドウやべベルは、レイヤーパネルの「fx」でできます。
 
元原稿写真
元の写真です。

デル株式会社

ネット販売No.1

楽天市場の成功事例を
無料でGET→GO!



写真の周りをぼかす・ビネット

写真の指定・名前 ビネットに適した写真

写真などの周りをぼかすビネット効果。
あまりこの言葉使わないですが、指定するときは、「縁をぼかして」でもいいかもしれません。
アドビ・フォトショップでは、アクションのビネットで行えます。
写真の縁をぼかすので、アップの写真は不向きで、引き(ロング)で撮ったボカす部分が多い写真を用意します。


写真の縁をぼかすビネット効果  

影を付ける・ドロップシャドウ

写真にボカした影を付ける・ドロップシャドウ

写真などに影をつけるドロップシャドウ。
アドビ・フォトショップでは、アクションのビネットで行えます。
写真の下に影をつけるのでどんな写真でもOKです。


縁を盛りあがせるべベル
綺麗に拡大する
縁を盛りあがせるべベル べベル ボタン

アイコンやリンクボタンなどで
よく使います。

縁を盛り上がってるようにみせるべベル(内側)。
アドビ・フォトショップでは、アクションのビネットで行えます。
HPなどでは、ボタンやアイコンによく使います。。


注意!!

長い距離のグラデーションやボカシを指定すると、ピクセル数が足りず、
縞々が出ることがあります。基本0〜255までの256階調です。
左画像はイメージ。

250ピクセルくらいまでで、必要解像度で計算してください。

WEB・モニター用 72dpi 9cmくらい。
プリント用 150dpiで4cmくらい。
印刷用 360dpiで1.8cmくらい。

の計算になります。

250÷必要解像度×2.54cm

色とび

フォトショップでドロップシャドウやべベルをかける(レイヤー効果)
レイヤー効果・フォトショップ

フォトショップCS3のレイヤー効果

フォトショップのレイヤー効果は、CS3では、レイヤーパレットの下のfxのアイコンをクリックします。

以前、Photoshop5.5を使っていた時は、「レイヤー効果」はツールバーの「レイヤー」にあったのですが、今は見当たりません。