ワード、エクセル、パワーポイント、アウトルックに文章を読み上げさせる

オフィス2013とオフィス2016のワード、エクセル、パワーポイント、アウトルックには文章を読み上げる機能がついています。

最初は表示されていないので、使えるようにする方法です。

ワード、パワーポイント、アウトルックでは、選択(ハイライト)した部分のみが読み上げられます。

エクセルでは「時間」や「通貨」と設定してあれば、「6:00」は「ろくじ」、「2,000円」は「にせんえん」と読んでくれます。

1人でも読み合わせ校正などができますね。^^

プレゼンで「パワーポイント」に自分で読ませるとインパクトがあるかもしれませんね。

エクセルのリボン、タブ、クイックアクセスツールバー・見本の画像はエクセル

選択したテキストを読み上げます。

ワード、エクセル、パワーポイント、アウトルックでは読み上げ機能があります。
※office2013とoffice2016

マイクロソフトの説明ページ

クイックアクセスツールバーの設定~その他のコマンド

 

「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」をクリックして「その他のコマンド(M)...」を選ぶ。

クイックアクセスツールバーの設定の「コマンドの選択」でリボンにないコマンドを選びます。

 

「リボンにないコマンド」をクリックして

ワードの文章読み上げ機能の追加

 

「リボンにないコマンド」のかなり下の方の「読み上げ」をクリックして真ん中の「追加(A)>>」をクリックして右側の欄に入れます。

左最上部がクイックアクセスツールバー。リボンの下に下げることも可能

 

そうすると左上の「クイックスールバー」にフキダシに三角のアイコンが表示されるようになります。

表示中のワード文章の読み上げたいところを選択(ハイライト=白黒反転)させて、新しくできた読み上げアイコンをクリックすると文章を読み上げます。


リボンに文章の「読み上げ」を追加する

リボンに追加するにはリボンの何もないところで右クリックして「リボンのユーザー設定(R)...」で、同じ作業を繰り返します。

※「リボンにないコマンド」~「読み上げ」~「追加」