ワード、エクセル、パワーポイント、アウトルックに文章を読み上げさせる

 

オフィス2013とオフィス2016のワード、エクセル、パワーポイント、アウトルックには文章を読み上げる機能がついています。

最初は表示されていないので、使えるようにする方法です。

1人でも読み合わせ校正などに使えると思います。

エクセルでは「時間」や「通貨」と設定してあれば、「6:00」は「ろくじ」、「2,000円」は「にせんえん」と読んでくれます。

ワード、パワーポイント、アウトルックは、ドラッグして選択、ハイライトされた部分が読み上げられます。

プレゼンで「パワーポイント」に自分で読ませるとインパクトがあるかもしれませんね。

クイックアクセスツールバー、タブ、リボンとは下図の場所です。

クイックアクセスツールバー、タブ、リボンの説明

パワーポイントの画面です。

 

パワーポイントで文章(テキスト)を選択して読み上げます。

 

「クイックアクセスツールバー」か「リボン」両方を設定してあります。

  ※office2013とoffice2016

出し方は

 

Excelでセルを読み上げる

 

Wordで文章を選択して読み上げる

 

コマンドのある位置は「リボンにないコマンド」の下の方です。

「スクロールバー」を参考に探してください。

リボンとクイックアクセスツールバーの「読み上げ」の位置

マイクロソフト公式にも説明があります。

マイクロソフトの説明ページ

アウトルック2016の例です。

 

アウトルック2016の「読み上げ」を「クイックアクセスツールバー」と「リボン」にアイコンを追加した画面

 

「ファイル」~「オプション」から行って下図の位置に「読み上げ」があります。
「スクロールバー」を参考に探してください。
「リボンにないコマンド」の下の方に「読み上げ」があります。