■アイフォンの写真をパソコンで管理する/ピカサ iPhone>Picasa

Picasa3.9でカバーを作る
Windows Vista,Windows7

Google
     
■iPhoneの写真をPicasaで管理する。
 
iPhoneのキャプチャー写真はpngファイルなので、ピカサで表示するようにします。
初期設定ではpngファイルを表示するようになっていないので、iPhone内のpngファイルを表示させるようにします。

最初にピカサにpngを表示させる設定にします! これ大事!
iPhoneはカメラ撮影の写真はJPGですが画面キャプチャーはpngみたいです。

 
 

ピカサの最初の画面のツールからオプションを開く

 
   「ツール」〜「オプション(O)...」をクリックします。  
  ピカサでアイフォン内のpngファイルを表示させるようにする  
 

 .pngの前の□にチェックを入れます。
 これで準備は完了です。

 
◆PicasaにiPhoneの写真を取り込みます。


マウスコンピューター/G-Tune

アイフォンの写真をインポートする
 iPhoneをパソコンに接続して「インポート」をクリックします。
「ライブラリ」横の「インポート」でも可。
iPhoneからピカサ(パソコン)に写真を取り込む

インポート元:▼をクリックして「XXXXXXXXのiPhone」をクリック

ピカサに取り込みたい写真を選択
 写真を選択します。
「すべてインポート」と「選択したアイテムをインポート」があります。
 1枚ずつ選択する場合は、Ctrlキー
 続けて選択する時は、shiftキーを押します。
iPhone内の写真をそのままにするか、削除するかを選ぶ
 iPhone 内の写真をどうするかを選べます。
  「カードに変更を加えない」=アイフォン内の写真をそのままにしておく
  「コピーした写真のみを削除」 ピカサにインポートした写真をアイフォンから削除
  「カード上のすべてを削除」アイフォン内のすべての写真を削除
削除アラート・ピカサ
 削除を選ぶとピカサから「削除を確認」画面が出ます。
  「インポートしたファイルを削除」を押せば進みます。
  「キャンセル」だと前の画面に戻ります。
■パソコンにiPhone 専用のフォルダーを作って管理する
インポート・保存先の選択・ピカサ

アイフォンの写真の保存場所
「選択」を選ぶと右の画面が出ます。 「新しいフォルダーの作成」もできます。
新規フォルダーにiPhoneの写真を取り込む
アイフォン専用のフォルダーを作るには「フォルダタイトルを入力」を選びます。
アイフォン専用のフォルダーを作る
フォルダタイトル:の下の欄にフォルダー名を入力します。
パソコンにインポート(取込)
右下の「すべてインポート」か「選択したアイテムをインポート(選択した数)」をクリックします。

ピカサに取り込んだ後は、サイズの変更や画像処理などができます。
エクスポートするとjpgになります。
Mixiは7M以下のjpgファイルしかアップできないので、エクスポートすればアップできるようになります。
顔識別もありますから、人の写真を顔で検索もできます。

顔で写真を検索する
ピカサの画像処理
画像の編集機能もあるのでいろいろと遊べます。^^
エクスポート・サイズの変更
Facebookならサイズを403にしてやると投稿した時、はみ出さないようです。
サイズは長辺のサイズみたいです。

   
 
 
 
戻る