ADOBE Dreamweaver CCの練習

ドリームウィーバーのトレーニングビデオ

「DreamweaverでWebページを制作する 」

をやってみようと思ったら、練習用の アセット(ファイル)が英語版だったので、YouTubeをみながら、コンテンツのリッチテキストを日本語にしました。
「ケーブルカーに乗って」の日本語版原稿
content_jp.rtf

main.cssも英語版の指定がないので、日本語フォントの指定がないです。

それと「最新版をダウンロードしてください」と出ますが、ビデオのDreamWeaberは最新版のCC 2014ではないので、画面(インターフェイス)がちょっと違います。

Dreamweaver CC2014の変更点・UI デザインとライブ
DremWeaver CC2014から「デザイン」と「ライブ」」がプルダウンメニューの中に入ったので、「デザイン」にしておきます。

Dreamweaver CC2014の変更点・タイトル

ページのタイトルは上の方ではなく、プロパティインスペクターの下の方にあります。

 
ソースの横の+をクリックするか、「+新規CSSソースを追加」をクリックして新規もしくは既存のCSSファイルを選びます。

ドリームウィーバーのユーチューブでのオンライン講習
アドビのサイトのやつは小さいので、YouTubeに行って「シアターモード」にした方が見やすいです。 

●Dreamweaberトレーニングビデオ

■ステップ1
Webページ作成手順を解説

■「ステップ2
ページ構造を作成しテキストを追加する

■ステップ3
画像とリンクを追加する

■ステップ4
次はスタイル

■ステップ5
ナビゲーションバーのスタイルを指定する

■ボーナスビデオ
絶対位置指定と角丸

●レスポンシブWebデザインの基本

■レスポンシブWebデザインの基本

●レスポンシブメニューの作成

■メニュー構造を作成する

■モバイル用にメニューのスタイルを設定する

■タブレットとデスクトップ用にメニューのスタイルを設定する

●レスポンシブなグリッドレイアウトの作成

■ヘッダー画像とテキストのスタイルを定義する

■テキストと画像コンテンツのスタイルを定義する

■レスポンシブデザインを完成させる